本文へスキップ

東古屋湖のフライフィッシング

東古屋湖のフライフィッシングの釣りレポートreport


Home > 中禅寺、東古屋、川俣湖、菅沼の釣り記録


記録# b191
日時 2016年3月19日
天候 小雨のち曇り時々日差し
朝凪、一時上流から、ダムよりから安定しない
水温 8℃
水位 362.73m 一部岸が水没、くるぶしまで。
夕方少し虫が飛ぶがライズ少ない
その他
ロッド Winston Boron2 '14 #8/9
ライン アトランティックサーモンS1
ティペット シーガーグランドMAX 1.2号



2016年3月19日の東古屋湖での釣り

・午前中雨の天気予報の中、Tさんと釣行。Tさん情報では、エサ釣りが釣れなくなって来ているとの事。

・また水位が上がって来ていて、ひょっとしてエサ釣りの人が居ないのではないかとも思いつつ、
 3連休で混むかも知れないと、5時に現着

・雨が結構降っていたら、流れ込みの近い最上流部でやって見たいと思っていたが、思ったより雨が弱く
 護岸の所で竿を出すことにする。。

2016年3月19日東古屋湖のフライフィッシング
  こんな感じで水没してきています。

・6時になっても釣り人はパラパラ。空いていて、えさ釣り師が見当たらない。

・えさ釣りの人が居ないという事は釣れていないという事。うーん嫌な予感

・6時少し過ぎから釣り開始。先週と同じタックルで、カウントダウン20から徐々に下げて行く

・朝一番なので、Nスペシャルグレーの#8を付けるが、カウント60まで下げてもアタリが無いので
 Nスペシャルこげ茶へ換える。

・Tさんも5投程してアタリが無く、早くも「今日は駄目みたい」。聞くと、平日釣行の多いTさんは
 大体最初の数投げでヒットさせているそうで、羨ましい限りである。

・先週も7時30分頃まで1回もアタリが無かったので、まだまだこれからですよと答えたが、
 全くアタリなし。

・周囲のルアー、フライの人にもヒットは無く、やばい雰囲気。

・カウント60で根掛かり覚悟でゆっくり引いて来ると、小さなアタリでようやく1匹目。

2016年3月19日東古屋湖のフライフィッシング
最初の1匹目 6時40分

・その後少しして2匹目。やはり深い所


2016年3月19日東古屋湖のフライフィッシング
 こんな感じで、ルアー、フライの人たちが。 エサ釣りは誰も居ない。

・フライのサイズを落し#10にする。色も地味、派手 と交互にローテーション

・そして3匹目、小さいね などと 言いながら手繰って来ると、何とニゴイ!

・銀山湖でムーチングをしていて、ウグイが釣れてしまった時と同じ 軽いショック状態。

2016年3月19日東古屋湖のフライフィッシング
丸沼でもこいつが来ると、もう終わり

・小物2匹と、ニゴイしか釣れない状況で、放流のトラックが来てしまった。

・Tさんの向う側へ ドドッと放流。放流された魚をジッと確認するTさん、やがて「デカいのはいなかった」

・当たり前といえば当たり前だが、放流された魚が釣れ出す。

2016年3月19日東古屋湖のフライフィッシング
背中がグリーンのヒレピンレインボー

・2投に1匹位の割合でヒットして来るが、皆小物。

・カウントダウンを30でゆっくり引いたり、止めたりするとヒットして来る。

・そんな中で水草に掛かったようなグッという重みがあったが、そのままのスピードで引いて来ると
 グンという魚の手ごたえ。

・アタリは小さかったが、アワセを入れて竿を立てると、なかなかの引き。頭を下にして泳ぎ回って
 上がって来ない。今日の大型は恐らくこれが最初で最後の可能性もあり慎重に取り込む

2016年3月19日東古屋湖のフライフィッシング
53cm ヒレの綺麗な ヤシオマスヒット 10時50分 フライはグレーオリーブNスペシャル#10

・この後もポツリポツリとヒット。12時頃からアタリが遠のく。ここまでで20匹

・駐車場にあがって昼食
2016年3月19日東古屋湖のフライフィッシング


・場所を休めていたためか、午後の部開始して小物3連続ヒット。

・その後ゴゴンというアタリで、、
2016年3月19日東古屋湖のフライフィッシング
14時に40cmオーバーサクラマスヒット 今日放流された魚

・夕マズメに期待して投げ続けるが、小物が来ただけで終了。

・見えている範囲では、岸釣の人には大型は釣れていないかった。

・キャンプ場前の大型はエサ釣り師に釣り切られたようだ。

・帰りは東照温泉に寄って帰宅



1つ前の記録 HOMEへ 一つ後の記録