本文へスキップ

中禅寺湖のフライフィッシング

中禅寺湖のフライフィッシングの釣りレポートreport


Home > 中禅寺、東古屋、川俣湖、菅沼の釣り記録


記録# b225
日時 2017年6月17日
天候 晴れのち曇り
朝北西よりの風弱い 日中南東方向
水温 測定せず
水位 1272.60m
モンカゲ殆ど見ず、
春ゼミは鳴いているが、落ちているのは少ない
小さな黒い虫が少し
その他 ワカサギ小さ目の個体見かけた
ロッド Winston Boron2 '13.3 #7/8
SAGE VPS ’9#6
G-Loomis GL3 ’9#6
ライン AIR FLO デルタシューティングH改 26g
 フローティング、スローインタ
オリジナルシューティングH#6
 フローティング
デルタシューティングH D5S6
 フローティング
ティペット シーガーグランドMAX 1.2、1.5号



2017年6月17日の中禅寺湖での釣り

・引っ張りでは難しくなった中禅寺湖にするか、ハーリングでしか釣れない丸沼にするか、
 エサ釣りのボートに邪魔される可能性のある湯の湖にするか。

・悩んだが、今シーズン最後になるだろう中禅寺湖に Tさんと出漁

・昼食はTさんが用意してくれるとの ありがたい提案。天気は申し分ないようなので、ピクニック気分。

・渡船は2便目、先週は大変混みあったようなので、今回は、一番奥の方へ上陸。

・風が北西から吹いていて、なにやら引っ張りでも釣れそうな雰囲気。

2017年6月17日 中禅寺湖のフライフィッシング


・まずは、スローインタのヘッド+ウエットフライで探って見る。全くアタリなし。

・ライズも全く見えず、魚っ気無し。

2017年6月17日 中禅寺湖のフライフィッシング

・フライを換えたりしてもアタリが無いので、#6ロッドにフローティングラインをセット。モンカゲニンフや
 セミを繋げて、やってみる。

・ただ、モンカゲも飛んでいないし、セミも落ちていない。 仕方なく、ニンフであちこちやってみる。

・全くアタリなく朝マズメが終わる。

・この時点でTさん「こりゃオケラだね」と弱気な発言。自分は「まだ始まったばかりですよ」と根拠のない返事。

・日が上がって来てから、ゴボッというライズがたまーに出て来た。ドラワカも繋ぐが、アタリなし。

・Tさんもワンドの奥の方から、反対側の方まで移動して探っているがアタリなし。

・ただ、岸近くを泳いでいるブラウンは居たとの事。

・いろいろやってみるが、1回もアタリなく、午前の部終了。

・お待ちかねのランチタイム。

2017年6月17日 中禅寺湖のフライフィッシング





・今日はホットサンドを作ってくれるそうなので、参考に作り方を記録する。


2017年6月17日 中禅寺湖のフライフィッシング
 下ごしらえとして、ベーコンを軽く焼いておく。



2017年6月17日 中禅寺湖のフライフィッシング
 ベーコン、芯玉ねぎ、その上にケチャップとマヨをこんな感じで



2017年6月17日 中禅寺湖のフライフィッシング
 スライスしたトマトを2枚、その上にチーズをのせる。



2017年6月17日 中禅寺湖のフライフィッシング
 パンをセットし、クッカーで挟んで、ラジウスであぶる。

・時々、焼け具合を確認しながら数分・・・





・するとー。こんがり焼けたホットサンド出来上がり。

2017年6月17日 中禅寺湖のフライフィッシング


・思ったよりジューシーで美味いっす。


2017年6月17日 中禅寺湖のフライフィッシング
 更に、なす、ズッキーニ、新玉ねぎの炒め物


2017年6月17日 中禅寺湖のフライフィッシング
 Tさん調理のローストビーフ。 ソースもバッチリありますよ。

・遊歩道を歩いて来るハイカーなども結構いるので、「ホットサンド、ローストビーフありマス」って
 ノボリを遊歩道に出したら、結構商売になるか? 

・たらふく食べて、昼寝。 14時40分頃目が覚める。

・14時過ぎに釣れる事が結構あるので、戦闘モードでモンカゲを浮かべたり、セミでやってみたり。

2017年6月17日 中禅寺湖のフライフィッシング

・2本の竿に、セミとモンカゲを繋いで、同時に浮かべて、ジーッと待つが、ナーンにもなし。

・ブレイクラインよりも浅い所を回ってくるブラウンなども目撃するが、アタリなし。

・時々、ゴボッという大きなライズもあったりするが、フライには全く見向きもされない。


2017年6月17日 中禅寺湖のフライフィッシング
 納竿少し前にライズが出て来るが、アタリなく。

・1回もアタリなく。納竿。

・それでも、浅い所を悠々と泳ぐ魚が見えたりして、魚が居ない訳では無い事が確認出来た。

・朝の4時から19時まで、15時間もやったのだが、豪華なランチなどもあって、退屈しなかった。

・また来シーズン。

・帰りに「やしおの湯」に入って、帰宅。





1つ前の記録 HOMEへ 一つ後の記録