本文へスキップ

中禅寺湖のフライフィッシング

中禅寺湖のフライフィッシングの釣りレポートreport


Home > 中禅寺湖の釣り記録


記録# b289
日時 2021年4月3日
天候 曇り
阿世潟方面から
水温 14時 5.5℃ 18時 5℃
水位 1271.95m
小さなセッジを見かける
その他
ロッド Winston Boron2 '14 #8/9
ライン アトランティックサーモンDH30gS2/S3
ティペット シーガーグランドMAX FX 2号



2021年4月3日の中禅寺湖での釣り

・2021年の中禅寺湖が解禁となった。今年は水量が少なく、岸がかなり露出している。

・水位計を定期的にチェックしているが、ここ数週間全く変化が無く、故障しているのか?と疑いたくなる。

・解禁とは言え、フライではそれほど釣れる訳もなく、過去の記録を見てもせいぜい朝一に1匹程度。

・また、この時期は朝の冷え込みが厳しく、体にこたえる。費用対効果という面では、じっとしている方が良い

・数日前まではそう思っていたのだが、Tさんの報告を見ると、@水温が・・んー?例年よりも高い?

・これは確かめなければならない。

・更に、A今年は発券時間がAM3時になる。という事は・・・・ 。

・更に更に、B今年は歌が浜の駐車場の一部が、駐車禁止になっている。  などなど、確認すべき事多数。

・言い訳をいくつか並べるが、それでも朝一の冷え込みには耐えられそうにない。そこで午後から出漁

・午後には、春の太陽によって若干でも水温が上がるのではないだろうか、夕方にひょっとして1匹来るか?

・などという 皮算用を描きつつ いろは坂を上る。






・登り切って大尻を見ると、おお!ルアーの人がチラホラ見える。こんな所にも居るという事は相当混んでいる
 という事か?



2021年4月4日 中禅寺湖のフライフィッシング
・大尻の様子。 スワンが出ています。 水温が5℃ですので、寒くないんでしょうか?




・越後屋さんで、回数券購入。さてAの調査

・今朝、どれくらいの釣り人が並んだのか、聞いてみると 「コタンさん位までならんどった」との事

・Google Mapで測定してみると、約250m! 夜中の3時です。 人と人の間隔が2mだったとして

・125名!  会計が1分/人だとすると 125分 約2時間?? 30秒/分でも1時間です。

・これは・・とんでもない事ですね。 釣り券買うのに朝マズメが終わっちゃいます。


2021年4月4日 中禅寺湖のフライフィッシング

越後屋さんの前から、コタン方面を望む


・さて、調査B はと・・・ 歌が浜の大駐車場 ・・半分から奥が駐車禁止の表示がある。

・もはや 大駐車場という名前にはふさわしくない狭さですかね。 一杯で置くところがない。

・諦めて、歌が浜第2駐車場へ向かいます。第2駐車場の入り口辺りの路上に数台の車が駐車されています。

・恐らく、朝は第2駐車場も満車で、置けなかったものと推定。

・第2駐車場には4台ほど空きスペースがありました。この駐車場に止めるのは初めて。

・車を降りて、着替えていると、アレ?  結構寒い。厚い雲で、太陽は見えない。

・これは、水温も上がらない。 という事で、 夕マズメに1匹の目算は無くなった。








・タックルをセットして、歩き始める。歩くため、今回は、夏用のゴアテックスのウエーダーを履く。

・このウエーダーで長距離を歩けるのか? も 確認してみる。

・今日は南西の風が弱く吹くとの予報。

・風が当たる場所ということで、砥沢岬の南側、イタリア寄りに行って見る。

・先端には、ルアーの先行者が居ましたが、午後ですので、南側は人がいない。

・このポイントへは、かなり前、中禅寺湖初心者だった頃(僭越ですが、今は一応中級と考えております)
 一度だけ入った事がる。

・その時はたまたま、40cmのホンマスがヒットした。

・今回はレイク狙いだし、時期も全くちがうで、全く参考にはならないが。



2021年4月4日 中禅寺湖のフライフィッシング


・減水している事もあり、ブレイクラインは近い。うっかり立ち込むとブレイクを回遊して来た魚に
 見えてしまう

・水際に、折りたたみ椅子をセットして、殆ど立ちこまないで開始。

・ヘッドは解禁当初という事で、S2/S3を選択。

・風はやや南寄り、湖流の出来そうな右方向を向いてキャスティング。

・イタリア方向に投げた時との、テンションの差を確認すると、やはり、右側の方がテンションがある。

・減水しているとはいえ、木が張り出していて、満足に竿が振れないが、ここで終了時刻まで投げ倒す事にする。


2021年4月4日 中禅寺湖のフライフィッシング
イタリア大使館〜砥沢方面 この時間ですがまだズラッと並んでいますね。



・カウントダウンを30から開始して45位が良い感じで底藻を引っ掛けて来るので、45〜50で探る。

・目の前に倒木が沈んでいるようで、時々根掛かりする。枝に引っ掛かった時には、魚のような感触なので
 一瞬ドキッとするが、肝心のアタリは無い。

・下の写真を撮影した時、一瞬だが、風が弱くなり、暖かさが感じられ、釣れるならこのタイミング!という
 瞬間があったが、アタリなし。



2021年4月4日 中禅寺湖のフライフィッシング
一瞬、風が止んで ホンワカした感じになったのだが・・・


・やや右に投げると、まあまあのテンションがあって、盛期なら一発という感じだったが全くアタリなし。

・フライもチャトリュース、白ピンク、ゴールド、こげ茶と、いろいろやってみるも何もなし。

・根掛かり等で4〜5本ロスト。 まあロストは付きものなので問題ない。






・今回、くるぶし位までしか水に入らなかったので、足先は冷えたが、何とか我慢できるレベルであった。

・そもそもネオプレンで無くても、水に入らなければ寒くならない。

・遠くまで歩く場合はネオプレンは重くて辛い。ゴアテックスのウエーダーを持っていくようにする。

・但し、靴の造りがそもそも良くなく、歩きにくいので、歩きはトレッキングシューズにする必要あり。




2021年4月4日 中禅寺湖のフライフィッシング


・最後には風向きがやや西からに変わり、風が冷たくなったので、ここまでと、17時50分納竿

・ルアーの釣り人も結構見かけたが、誰も釣れていない様子だった。

・まだ水温が低いので、フライには早すぎ。







1つ前の記録 HOMEへ 一つ後の記録