本文へスキップ

中禅寺湖のフライフィッシング

中禅寺湖のフライフィッシングの釣りレポートreport


Home > 中禅寺湖、東古屋、川俣湖、芦ノ湖の釣り記録


記録# b198
日時 2016年5月7日
天候 晴れ
朝のうち湖尻、のち金精峠方面から強い風
水温 9.5℃(Tさん計測)
水位 やや減水 1272.57m
日中小さ目のカゲロウが飛ぶ
その他 ワカサギ接岸中
ロッド Winston Boron2 '14 #8/9
Winston Boron2'13.3 #7/8
ライン アトランティックサーモン S1 30g
      同      S1/S2
デルタシューティングヘッドファストインタミ
ティペット シーガーグランドMAX 1.5号



2016年5月7日の中禅寺湖での釣り

・GW最後の釣行は、Tさん、そして今回初めてご一緒する、中禅寺、犀川、魚野川のエキスパートgnnさん

・渡船で奥へ行って美味しいものなども食べて楽しんじゃおうという企画で、入れ掛かり状態で参加。

・上野島、大日崎には既に先行の釣り人がいたが、我々の目的地にはまだ先行者がいない。

・上陸してまずは、朝のマズメをしっかりやりましょうと、そそくさとタックルをセットする。

・自分としては2013年に1度この辺りに釣行した事があるが、それ以来になる。地形などが良く分からないが
 まずは、アトランティックサーモンSHのS1をセット。

・フライはグレーオリーブのマラブーで開始。

・風は湖尻方面からそよ風位しか吹いていなくて、あまり水の動きが無い

2016年5月7日 中禅寺湖のフライフィッシング
曇りの天気予報で 釣りには絶好の天気かなと思っていたら・・晴れ

・中禅寺の朝マズメは、どういう訳か、5時30分頃。

・過去の記録(といってもたいした事は無いが・・) を見ると、日の出から6時までとなっている。

・ホンマスはもう少し後でも釣れている。

・2014年5月31日 5時45分レイク 自分にヒット。その少し前に、隣の人にヒットしている。

・2013年5月25日 5時23分、5時45分 レイク

・2011年5月21日 5時10分 レイク

・従って、6時までに1匹釣らないと、オケラの3文字がちらついて来る訳である。

・S1で30カウントから開始する。岸際でラインが重くなって、少し藻が掛かって来るが、
 自分のイメージとはちょっと違う。

・左から右へ少し流れがあり、右方向へ投げる事にする。ラインが流されて浅い所に行くようで、
 カウント60位で、イメージに近い藻の掛かり方になって来た。

・時間が過ぎ、いよいよのマズメになって来た頃、Tさんにヒット。

・gnnさんがゴロタ石の岸を飛ぶように走って、Tさんに近づいて行く。写真を撮るためだ。

・普通に歩いても、足首をひねりそうなこの岸を走っている! 人並み外れた脚である。

・自分も見に行きたかったが、時計を見ると5時30分。その時間だ。

・バラサないようにやり取りしているのを見ながらリトリーブしていると、ガガゴゴッつというような、
 フックが岩に突き刺さったような感触。

・次の瞬間、ラインテンションが無くなり、目の前で ドッパーンと丸太の様なものがジャンプ。

・アチャー、やられた。

・ここまでは、完璧な立ち上がりであったが、またもやロスト。

・その後は全くアタリなし。左からの流れが弱くなって、60カウントでは水底に掛からなくなってきた。

・つまり自分の正面は、やや深いという事


2016年5月7日 中禅寺湖のフライフィッシング
朝マズメをものにして余裕のTさん

・さて、朝一のチャンスを逃し、6時も回った。湖流なくなって来て、水底に掛からなくなってしまった。

・フライもいろいろな色に換えるがアタリなし。

・底に沈める為、S1/S2にラインを交換する。これで80カウントほど沈めてようやく底藻を捉えて
 来るようになる。

・正面に投げて、もうリーダーの継ぎ目がトップガイドに入る直前に、ガガッという岩に掛かったような手ごたえ
 直後に魚の感触。今度は逃がせない。

・殆ど同時に、Tさんにもヒット。沖目という事なのでホンマスのよう。

2016年5月7日 中禅寺湖のフライフィッシング
取り込みの様子を、Tさんが撮影してくれた。


2016年5月7日 中禅寺湖のフライフィッシング
オケラ回避、53cmレイク 8時20分


・同じように沈めて探るが、アタリなし。

・ランチ前に、一匹上げて来ますかとgnnさんも人並み外れた脚を生かし、遠方でホンマスヒットとの事
 (我々にはとても真似できない)

・これでめでたく開宴前に全員魚の顔を見る事が出来た。(午後への余裕が違います)

・時間も9時近くになり、レイクの時間は終わったかと、もう一本のロッドにデルタシューティングヘッド
 ファストインタミクリヤーをセットし、ホンマス狙いに換える。

・しかし、アタリなし


2016年5月7日 中禅寺湖のフライフィッシング


・岸の方を見ると、Tさんとgnnさんは、どっしりと腰をおろし、歓談中。少し早いが、
 お待ちかねのランチタイム突入!


2016年5月7日 中禅寺湖のフライフィッシング
ランチメニューは超豪華

・今日のエントリは、
 gnnシェフはボイルドウインナー、若鶏とニンニクの茎のソテー、ハムと玉ねぎのホットサンド、
 Tさんは   たらこパスタ、豚肉と玉ねぎの味噌炒め、自家製浅漬け
 自分は、・・・今回は食べる役目を務めます(失礼!)

・あまりの豪華メニューで お腹いっぱい。限られた火種でこれだけの料理は見事です。
 次回自分も頑張らねば。

・その後も釣り談義で、昼寝をする暇も無い。至福のひと時。

・思わず、「景色のいい場所で、美味しい物たらふく食べて、楽しい話をして、これで夕マズメにもうひと波乱
 ある訳だから、たまらない」


という訳で、皆で記念写真。


・14時過ぎに釣りを開始するが、西から強風が吹き出し、ドップン状態。

・いろいろやるがアタリなし。

・夕方の時合、17時30分頃には沖目でのライズや、すぐ近くでのボイルなど、魚っ気が出て来たが、
 ヒットさせることは出来ず。お迎えの渡船が。

・Tさんとgnnさんは、上野島向こう側へ行って、ホンマスなどヒットとの事 流石です。

2016年5月7日 中禅寺湖のフライフィッシング
白波の中 帰還。

・帰りに、「やしおの湯」に寄って帰宅。

・gnnさん、Tさん どうもありがとうございました。



1つ前の記録 HOMEへ 一つ後の記録