本文へスキップ

シューティングスペイキャストで攻める Trout-Fisherman

シューティングスペイキャストで攻める


Home > シューティングスペイキャストで攻める


ロッド1本分のバックスペースがあれば、
30ヤード以上のキャスティングが可能な
このキャスティングで、中禅寺湖など北関東の
湖を攻略する事ができました。

十分なスペースがあれば、オーバーヘッドキャスト
で更に投げる事が出来ます。

また、初めて行く釣り場でも、バックスペースの
心配が少ないので、なんとかなります。

竿が振れる場所で釣るのではでは無く、
釣れるポイントで楽しめます。


初めに

銀山湖でシューティングスペイ

一口にシューティングスペイキャストと言っても、ロッドのアクションや長さ、ヘッドの長さなど、個人個人でカスタマイズして本人に合ったタックルがあります。従ってここではあくまでも個人的な見解や内容になり、全ての人に当てはまらない場合がありますので、注意をお願いします。

自分は、キャスティングの手ほどきを全く受けなかった為、大変苦労しました。スクール等で出来るだけ教えてもらう事を薦めます

自分のスタイルは短めのヘッド(11m以下)を使うもので、戸澤氏のいうデルタシューティングメソッドを参考にしています。







シューティングスペイキャストの優れたところ

・とにかく、全く同じタックルで投げ方のみ変える事で オーバーヘッドキャストとスペイキャストを使い分けられる事
 丸沼でも、中禅寺湖でもバックスペースがある場合は、オーバーヘッドで投げています。

・ライントラブルが少ない。フライの消耗も少ない。30mのキャストを続けていても、ティぺットが
 絡んだりしにくい。ウィンドノットなどが出来にくい。 いざという時にティペットが絡んでいたなんて事、
 多いですよね。

・一日中、シューティングスペイキャストをやっていても、キャスティングが原因のフライロストが殆どない。
 なにより、フックのポイントが鈍くなる事が少ない。これは数少ないチャンスを無駄にしないという、
 とても大事なこと。

・横風に強い。 ラインが行ったり来たりしないので、体に当たりにくい。横風に対応したキャスティング方法を
 覚えると更に有利。 逆手からのキャストがやりやすい。ホールの動作がいらないので、比較的簡単に
 覚えられる。 





デメリット

・シュート時に距離が出ないと、ポイントを荒らしているだけになる場合がある。

 ロールキャストで水面を荒らすので、ロールキャスト時の距離とシュート後の距離に差が無いと釣れなく
 なってしまう。静かに釣るという基本中の基本が出来なくなってしまいます。足元でのヒットが無くなります。

・又、距離が出ていないと、リトリーブの時間が短く、キャストの時間間隔も短くなる。さらに水面を荒らす。
 (ロールキャスト自体の回数も減らさないと)スイープ動作中の水切り音ラインを置く形をN字にして下さい。

・又、ゆっくりした動作でDループを作るよう工夫すると、かなり小さくできます。

・最近、釣り場で練習している人が多いです。他の皆さんは、入漁料を払って、釣りに来ています。

 練習は、別の所でじっくりやって、迷惑にならない様にしましょう。 野寺 宣男氏著の
 「スペイキャスティング入門」の中にも、最低限守らないといけないと書かれてます。

・オーバータックルになり易い。飛距離にこだわってばかりいると、オーバータックルになり、
 魚が掛っても ファイトが楽しめない。

・Wハンドロッドは、日本の魚達にとっては、元々オーバータックルだと思います。





シューティングスペイ(デルタシューティング)のタックル

@ロッド
 オーバーヘッドキャストキャストが出来るもの。ミディアムファストからファストアクションのものが良いです。
 番手は、#8/9までがあればほぼ大丈夫かと思います。

 止水で40m以上投げても、よほどの大物でないとアタリがわからないし、合わせる事が出来ません。
 ヒットした後の竿の曲りも感じられるように、ロッドの番手を選んで下さい。
 
 これまで、Winston、K-Bulletしか振った事が無いので以下はあくまで推測となります。
 参考程度に考えてください。

 ・Winston BoronU
  既にboron2自体が旧モデルになってしまいましたが、13.3ft-#7/8は特に軽くてお奨めです。
              14ft-#8/9でも出来ます。13ft-#8/9も大丈夫です。
 ・Winston BoronV
  現在、13.3ft #7/8、には29〜30gのヘッド
     12.6ft #6/7には 26gのヘッドを使っています。
  14ft-#8を振らせてもらいましたが、問題なくキャストできます。32g位のヘッドが良いようです

 ・G-loomis
   Stingerシリーズが相当すると思います。
   Dregerシリーズは、少しミディアム過ぎかも知れません。

・SAGE
   色々なモデルが出ているのですが、説明書きを見てもピンと来ないので不明です。

・Scott
   T2H、T3Hシリーズが相当すると思います。

・天龍
  K-Bullet SD #8までが実用の範囲かと思います。#10は私の非力な腕では、竿を曲げる事
  が出来ませんでした。

   この他にもあると思いますが、自分で色々調べた範囲では以上です







Aヘッド
 テーパーデザインが重要になります。下図のようなデザインの物を選んで下さい。
シューティングスペイに適したラインのテーパー

 今は、丁度良いテーパーデザインのものが出ていますので、既製品で出来ます。
 自分は下記のラインを使っています。
   ・RIO AFS シューティングヘッド
   ・GuideLine パワーテーパー
   ・AIRFLO デルタシューティングヘッド
   ・3M アトランティックサーモンDH用ヘッド   など






 ラインの番手は、これはもう竿のアクションに合った重さで選ぶしかありません。
 ラインメーカーのHP、あるいはロッドメーカーのHPに適合表がありますので、それを参考にして下さい。
 
 但し、買ってきてそのままピタッと適合するかというとそうでもない。腕があればタックルに合わせて投げる
 事が出来るかも知れませんが。






 

 そこで多少の調整が入ります。

 A)まずはラインの重さです。投げてみて、重さを確認しています。
   @重すぎる場合。
   リアテーパーか、ベリーの太い部分を切って軽くします。比較的簡単です。

   A軽すぎる場合 
   竿の曲りが今一つの場合は、1〜2g位ラインを追加して重くします。

   この際、ベリーの部分に追加・溶着します。そのラインより一回り重い番手のラインを追加する事で、
   全体のテーパーデザインが崩れない様にしています。

   ベースのラインのベリー付近の単位長さ当たりの重量を電子天秤で凡そ測定し、それより単位長さ当たり
   重量の重いラインで、同じシンクレートのものを使います。2gで40cm位でしょうか。

   例えば、デルタシューティングヘッドD8スローインタミの26gに2g追加していますが、
   追加したラインは、リオの30gのHooverのベリー近くのラインを切り出して来ます。

   もちろんいらなくなったラインを使っています。

   ※デルタシューティングヘッドのスローインタミクリアーは、ラインの構造が他のラインと異なり、
    外側のシェルより内側のコアの融点が低く、溶着が出来ない構造になっています。

    溶着出来たと思っても1シーズン位で剥がれてしまうので、注意して下さい。

    自分は、ブレイデットバットリーダーで繋ぐことにしました。

   
   デルタシューティングヘッドのD8ファストインタミには、ロイヤルウルフTTSHI#10のラインを
   切り出して追加しています。
  





 B)重さが合ったら、長さの調整をします。
   長さは、ディープウエーディングしても、アンカーが切れるように切り詰めていきます。

   切る場合は、フロントテーパーの先端を50cm位ずつ詰めていきます。フロントテーパーは、軽いので
   1mで1g位軽くなります。

   キャスティングが未熟なためか、シンクレートの大きいラインは、アンカーが切れにくく、
   その分短めになっています。
   
   カットして投げてみて、塩梅が良ければ、溶着します。ヘッドとランニングラインのジョイントは
   ループ TO ループにしてください





シューティングスペイ(デルタシューティング)のキャスティング注意点

@オーバーハングの長さ(トップガイドからヘッド繋ぎ目までの長さ)

・ラインシステムとの相性(リアテーパーの長さ、一番重くなっている部分までの距離による)に関係します。

  リアテーパーが短い、或いは無いような場合は1m位の長めにします。

  デルタシューティングヘッドや、RIO-AFSなどは、短め50cm以内位でやっています。

  こればかりはラインと竿のマッチングもありますので、いろいろ試してみて下さい。

Aラインの折りたたみ、Bスイープ動作、Cシュートは

デルタシューティングのキャスティング

                       にまとめました。 
Dターンオーバー
 ・ついつい遠くに投げたくて、ランニングラインをどんどん出してしまいますが、欲をかきすぎると
  ターンオーバーせずにぐしゃぐしゃと着水します。何とかランニングラインをコントロールして、
  ターンオーバーさせてください。釣果が上がります。 

E意外と忘れがち
 ・ランニングラインが水中に沈んでいると、思っているより飛距離に影響します。ラインバスケットなどを
  使って沈まないようにしてください。

Fアンカーが切れるのが遅いと、飛距離が出ません
 ・意外とアンカーが切れるタイミングが遅くて飛距離が出ない方がいます。アンカーを切るのにラインの
  エネルギーが消費されてしまう為と思われます。アンカーがもう少し早く切れるようにしましょう。

・具体的には、折りたたみのラインの量を増やす(ヘッド先端をもっと手前に持ってくる。)、
 Dループを大きく作る。最終手段としてフロントテーパーを50cmほど切って、
 ラインを短くする事もありえます。








使用中のタックル-1 

・現在所有しているRODは全てWinstonのBoronです。
 重量表示は オーバーヘッドキャストも考えた最適と思われる重量です
   BoronU ’14   #8/9   30g
   BoronV ’13.3 #7/8   29g
     上の2本は 主に中禅寺湖、東古屋湖おかっぱり

     下の2本は 主に丸沼、湯の湖、野反湖、など
   BoronU ’13.3 #7/8   28g
   BoronV ’12.6 #6/7    ?g(ロッドを購入したばかりでデータ不足)
     
これに、下表のラインを合わせています。

 ライン   重さ  シンクレート  適合ROD
 B3X
12.6 #6/7
 B2X
13.3 #7/8
B3X 
13.3 #7/8
B2X
14#8/9(初期) 
 AIR FLO
デルタシューティングヘッド
26g  フローティング    △やや軽い    
 AIR FLO
デルタシューティングヘッド
26g  スローインタミ    △やや軽い    
 RIO
AFS
26g Hoover     △やや軽い    
  AIR FLO
デルタシューティングヘッド
26g  ファスト
インタミ
   △やや軽い    
 サイエンティフィックAng
アトランティックサーモン
26g  S1/S2  〇やや重い?  △やや軽い    
AIR FLO
デルタシューティングヘッド
28g スロー
インタミ
 〇    
 RIO
AFS
28g Hoover    〇    
 AIR FLO
デルタシューティングヘッド
29g  スロー
インタミ
     〇  〇
RIO
AFS
30g Hoover    〇やや重い  〇
サイエンティフィックAng
アトランティックサーモン
29g タイプ1  〇  〇  〇
サイエンティフィックAng
アトランティックサーモン
30g S1/S2    〇やや重い  〇
サイエンティフィックAng
アトランティックサーモン
30g S2/S3    〇やや重い  〇
ロイヤルウルフ
TTSHS
23g タイプ4      
RIO 
SKAGIT IFRIGHT
36g F/S1  〇
Kencube
パワーヘッド
27g タイプ4
3M
STS-S6
29g タイプ6
     




☆残念ながらAFSは廃盤になってしまいました。3Mのアトランティックサーモンのヘッドが、
 殆ど同じテーパーデザインですので、そちらを薦めます
☆デルタシューティングヘッドも廃盤になってしまいました。デルタシューティングヘッドのスローインタミ
 は本当にスローで、極端に浅い所を引くのに都合が良いです。