ウェーダーの見つけにくい穴を見つける方法

玄関先で、簡単な道具で確実に見つけます。

風呂の湯船にでも漬けて穴を見つけようかと思いましたが、家人に何を言われるか・・・
そこで、気密性の検査で良く使われる、石けん水での泡検査でやってみました。

用意するもの:自転車の空気入れ、コップ、台所用洗剤、筆ゴムひもなど
・まず、台所用洗剤を少量コップに入れ
 水を少々加えて、かき混ぜて、
 泡立てます。
・漏れているであろう箇所の近くに
 空気入れのノズルを入れ、
 その手前を、ゴムひもなどで、
 縛ります。
 血圧を測る時に、腕を縛るのと同じ
 要領です。
・空気入れの管の所から、漏れない
 ようにして下さい。
・縛っている所のアップです。
 縛った所から、足先の方に、
 ノズルが入っています。

・空気入れのポンプを押して、
 空気を送り込みます。
・写真は少し膨らみ始めた所です。
・あちこちから漏れたので、リペアーの
 跡だらけになっています。
・今回は、外観上どうみても穴が
 見つかりません。
・今回のチェックでこの辺りから浸水
 している事が分かりました。
・分かっていてもどこに穴があるのか
 見つけられません。
・筆にシャボンをたっぷり付けて、
 ウェーダーの表面をなでつけて行きます
・筆はゆっくり動かして、シャボンが
 切れてしまわないようにしてください。
・すると、ご覧のように、泡が、プーッと。
・小さな泡が沢山出る場合もあります。
・筆の間から泡が出てくる事もあります。
・少しでも泡が出たら、漏れています。
・更に、シャボンを補充して筆でなでると
 泡だらけになって来ました。
・結局、目で見ても穴の在処は分かり
 ませんでした。
・この後シャボンを良く洗い流して、
 シーラーを塗布しました。