本文へスキップ

中禅寺湖のフライフィッシング

中禅寺湖のフライフィッシングの釣りレポートreport


Home > 中禅寺、東古屋、川俣湖、菅沼の釣り記録


記録# b221
日時 2017年5月4日
天候 晴れ
朝無風 その西より 日中西風北東 不安定
水温 6.5℃
水位 1272.15m やや減水 少し濁っている
朝夕にユスリカのようなものが飛んだ
その他 ワカサギが接岸して来た。特に早朝に多数
ロッド Winston Boron2 '14 #8/9
ライン アトランティックサーモンDH 30g S1
      同 S1/S2
ティペット シーガーグランドMAX 1.5号



2017年5月4日の中禅寺湖での釣り

・渡船の混雑状況を確認すると、既に2便目まで一杯(という事は先客が最低14名居るという事)だそう。

・それではと 徒歩で山側へ入る予定でTさんと釣行。

・今 釣れている山側のポイントをWebで調べてみる。約半日を使って、1箇所へ絞り込んだ。。

・もしここに先行者が居たら、そのまま奥へ歩いて、狢窪か八丁の向こう側まで行くつもり。

・しかし、ゴールデンウイークの中日、最も混雑しそうではある。Tさんに相談すると「全て任せる」との事。

・それではと、「起床1:30分、券を買い次第出発」という事で、前夜の10:30過ぎに就寝。

・時刻通りに起床し越後屋さんの前に行くと、既に十数名が並んでいる模様。我々も列に並ぶ。

・購入後、一目散に第一候補のポイントを目指す。何人かの釣り人に追い越されたが、幸い先行者は無かった。

・到着はしたが、Tさんも自分も初めてのポイントで深さなどの情報が何もない。

・4時を回り、少し明るくなって来た頃合いで 自分はS1、TさんはS1/S2でスタート。

2017年5月4日 中禅寺湖のフライフィッシング

・明るくなって、周囲を見ると 砥沢方面には、釣り人が途切れることなく等間隔にズラッと入っている。

・狢窪方面には1名位。つまり自分より狢窪方面は希薄だという事が判る。これって釣れているポイントの端っこ?

・狢窪出っ張り付近には少なくとも3名は見える。

・自分よりゆっくりスタートしたTさんだったが、1投目でヒット。慎重に寄せていたがバレ。ホンマスに違いない。

・時折小さなライズがあるが、アタリが無い。ただラインテンションは左方向に若干あるのでこちら側を狙う。

・6時頃、右方向に投げた時、ようやくアタリがありヒット。バレルなよーの掛け声むなしく、バレ。

・30cm位のホンマスか?これ以降アタリが遠のく。

・暫くして、Tさんにヒット。ホンマスだ。





・俄然やる気が出て来るが、アタリが全く無い。ここでヘッドをS1/S2に換える。

・そうこうしているうちに、Tさん2匹目のホンマスヒット。

・その後、Tさんの右側に入っていたルアーマンにヒメマスがヒット。見渡す限りでは、釣れているのはこの2人だけ。

・Tさんは睡魔が襲ってきたようで、横になって余裕の朝寝。

2017年5月4日 中禅寺湖のフライフィッシング
風が無くなってしまいました。 遠くにヒメトロの船団が見える

・10時近くなって、ようやく右方向にラインテンションが感じられるようになって来た。

・これは来るんじゃないか! と期待するがアタリなし。この時 自分のポイントはイマイチではないかと気づく。

・Tさんが眠っているので、少しそちらへ寄ってやってみる。移動するとTさんが「ふぅあー」っと目覚め。

・ラインテンションが出て来た途端に目を覚ますところが 何とも凄い。

・そして、眠そうに投げたTさんのフライに3匹目のホンマスがヒット。 えーっつ? どうなってるの?

・諦めずに投げていると、結構いい感じのラインテンション。しかしアタリなく、ヘッドがガイドに入って来た。

・ここでグーッつとラインが重くなった。根掛かりかと引っ張ると、グイグイと首を振る感触が。


2017年5月4日 中禅寺湖のフライフィッシング
レイクとやり取りしているところをTさんが撮影してくれました。

・バレるなよと祈りつつのやり取りで何とかランディング。クチビルの皮1枚しか掛かっていませんでした。

2017年5月4日 中禅寺湖のレイクトラウト
オケラ回避 57cmありました。 11時15分 フライはこげ茶Nスペシャル#8

・この後 風向きが変わって、テンションが無くなったので、12時に午前の部終了。





・何とか型を見る事が出来、ほっとして昼食。 Tさんは余裕の表情。

2017年5月4日 中禅寺湖のフライフィッシング


2017年5月4日 中禅寺湖のフライフィッシング
・容器は赤いきつねですが、中身はレトルトの親子丼。男体山をバックに。

・昼食後は、お決まりの昼寝。16時少し前まで寝てしまった。

・目が覚めてすぐに、竿を振っているTさんに「釣れましたかー?」 と聞くと、たった今釣れたって!

・「釣れた途端に起き出して来るとは、ビックリ」とTさん。しかし、釣れる前に起きておくべきだった。

・残り2時間、せっせと速引きするがアタリが無い。

2017年5月4日 中禅寺湖のフライフィッシング
この写真もTさん撮影

・終了の18時か近づいて来た時、グッーツという比較的長いが鈍い感触が伝わって来たがヒットしなかった。

・カウントダウンは10位だったので、それ以降も表層を狙うが、アタリなく、納竿

2017年5月4日 中禅寺湖のフライフィッシング
こちらもTさん撮影 撮影が上手ですよね。 既にホンマス4匹釣ってますのでアングルにも余裕が!

・ホンマス狙いでの釣行で、Tさんは4匹キャッチ、バレもあって、まさに絵に描いたような釣果。

・一方、起床時間から全てを任せてもらった自分は、レイクのみという結果。

・要因は3つあったのではないだろうか?
 @リトリーブのスピードとリズムが出来ていなかった。頭の中では速引きと分かっていても、
  スローリトリーブに馴染んでいる体がついて行かない。だからレイクが釣れてしまった。

 Aフライのシルエットが合っていないのでは? キールフライを沢山作って来たが、
  レイクには問題ないが、ホンマスに向いていないのでは?

 B初めての場所で、地形が判らず、朝一のラインのシンクレート選択がイマイチだった。

・帰りに「やしおの湯」に寄ったが、駐車場が満車で激混みなので、そのまま帰宅

・次回はドラワカかな?




1つ前の記録 HOMEへ 一つ後の記録