本文へスキップ

中禅寺湖のフライフィッシング

中禅寺湖のフライフィッシングの釣りレポートreport


Home > 中禅寺湖の釣り記録


記録# b293
日時 2021年5月1日
天候 晴れのち曇り
朝東風 その後やや南にズレる
水温 8時 5℃くらい?
水位 1272.44m(水位計動かず)
なし
その他
ロッド Winston Boron2 '13.3 #7/8
ライン アトランティックサーモンDH29gS1/S2
ティペット シーガーグランドMAX FX 2号



2021年5月1日の中禅寺湖での釣り

・今日は、風も治まって穏やかな天候になる予報が出ている。

・穏やかな天候は、ここ中禅寺湖では時として歓迎されない。大型は荒れた天気の日に釣れる事が多い。

・2時15分に起床して、大島商店へ。今日から本格的に連休が始まる為か、越後屋前は凄い人。

・大島商店前も車がズラッと並んでいて、最後尾に停めると、大島商店が遥か遠く。。


・上野島には先行者がいるので、離れた場所で開始。

・昨日の様子だとまだ朝一しか釣れない状況なので、早く仕留めてオケラ回避したい。

・斜め右方向へ投げて、3投目位だったか、グーっと重くなったのでラインを引いて合わせる。

・合わせた感じでは、あまり重くなく、デカくは無さそう。

・グングンと最初のヘッドシェイクが結構大きいので、50cmオーバーなのは間違いない。


2021年5月1日 中禅寺湖のフライフィッシング
57cm レイクトラウト 4時30分

・さて、次をと、同じ所へキャスト。すると小さいアタリで連続ヒット!

・よしよしと思ったが、勢いよく走り出したところでバレ。

・まだ時間は早いので、十分釣れるかと思ったが、ここから全くアタリが無くなる。






・上野島までの岸には釣り人はおらず、少し移動して探る。 しかし アタリなし。

・上野島方面の岸近くで、ワカサギが出す波紋が見える。おおーようやくワカサギが見えるようになった。

・しかし、ド派手なボイルなどはない。

2021年5月1日 中禅寺湖のフライフィッシング

・ワカサギが居るという事でやる気は出るが、アタリはない。

・最初に釣った場所辺りで、小物がライズしているのが見える。

・風が止んでユスリカが大量にハッチしているので、これを食べているようす。






・上野島に入った釣り人も、釣れているようすはないので、ライズした場所へ戻る。

・昨日良かったカウント60でテンションを探る。

・暫くして、東風が出て来た。

・リトリーブ中 丁度 良いタイミングで吹き出したので来ないかな? と思ったら、グーっというアタリ。

・朝一以降の貴重なヒット。多分さっきライズしていた奴だ。風が出てきてユスリカからマラブーへ味変したか。

2021年5月1日 中禅寺湖のフライフィッシング
48cm レイクトラウト 7時20分



・弱い東風で小波が出て、良い感じになって来たが、テンションは発生しない。

・こうなるとどこへ投げてよいのか、分からなくなってしまう。

・湖の岸に立ち、周囲に誰もいないのに、どこへ投げてよいのか分からないという事も変な話だが

・ここ中禅寺湖は、偶然釣れるという事が少ないので、投げる方向にも理由が必要と思っている。

・そうした積み重ねが、経験となり、記憶になり、次へ繋がるような気がする。

2021年5月1日 中禅寺湖のフライフィッシング


・しかし、この後、東風が結構強くなり、投げにくい。 ランニングラインが飛んででしまう位になる。







・上野島に入っている人達も、釣れないのか休憩時間が多くなって来た。

・昨日分かったのだが 東風が吹くと右からの風になるので、当然かなり投げにくい。

・上野島なら逆手からのオーバーヘッドで何とか投げられるが、あまりラインテンションは出なかった。

・お立ち台からブレイクラインを引こうとするとラインテンションは出ない事が予想される。

・島との接続部から投げると、ブレイクラインまで結構距離があるので強風が出るとなかなか良い所へキャスト
 出来ない

・一級ポイントではあるが、やはり風が良し悪しを決めるようだ。

2021年5月1日 中禅寺湖のフライフィッシング


・雲が厚くなって日が陰ったら、結構寒い。 一旦脱いだ薄手のダウンを重ね着する。

・これはで水温は上がらない。

・何とか、もう一匹と頑張るが、アタリ無く、帰りの時間となる。11時30分納竿







2021年5月1日 中禅寺湖のフライフィッシング

・帰りには、小雨が落ちて来た、なんかデカいのが釣れそうな天候になって来た。

・ようやくワカサギが見えるようになってきた。これからが本格シーズンだと思う。



1つ前の記録 HOMEへ 一つ後の記録