本文へスキップ

フライラインについて 初心者のHP

フライラインについて


Home > フライラインについて


有名メーカーの物を購入しましょう。

ロッドは最高級モデルは不要、リールは安い
ものと言って来ましたが、ラインは違います。

素材や、コーティングに世界の各メーカーが
最先端の技術を使っています。

耐久性や、耐摩耗性、滑り性、糸グセ、などなどの
微妙な違いが、キャスティング飛距離や、
操作性に影響します。

他の釣りから入る場合、このフライラインが
やたらと高いので、どうしても違和感が
ありますが。

@テーパーデザイン

  デザインは、基本的に
  DT・・・ダブルテーパー ふつう30ヤード(27m)
  WF・・・ウエイトフォワード ふつう30ヤード(27m)
  ST・・・シューティングテーパー ふつう10ヤード(9m)
    とあります。この他にも各社いろいろな名前で○○テーパーとか新しいデザインの物を出しています。

 入門用としては、DTかWF、お奨めはDTです。ロッドの曲りが感じやすいと思います。

  STは、ランニングラインを組み合わせて、湖などでの遠投用に使います。
  WFも遠投用です。WFの重くなっているテーパー部が、ロッドから出ないと飛距離を得られない
  設計になっています。

  DTは遠投には向きませんが、初心者の練習や、ショートレンジのキャスティングには向いています。
  又、DTはテーパーが対称形状になっています。

フライフィッシング初心者のHP フライラインについて



・それぞれのラインのテーパーデザインは上の様になっています。
 ・DTは、27mのラインの両端が対称な形状になっています。上図では片側のテーパーを示しています。

 ・WFはラインの先端部数mが重く(太く)設計されていて遠投に向きます。が重い部分が
  ロッドから出ないと、ロッドを曲げにくい構造になっています。

 ・STは、普通9mの長さになっています。これに摩擦抵抗の小さなランニングラインを接続する事で、
  シュート時の飛距離を出すシステムになっています。

A重さ(番手)

番手はロッドの番手に合わせましょう。
 シューティングヘッドは、ロッドの番手から一つ上の番手を選ばないと、軽すぎてロッドが曲がらない
 場合があります。注意して下さい。

Bフローティングがシンキングか

 初めは、フローティングラインで練習しましょう。
 
 なお、シンキングラインは下の図のように番号(シンクレート)が大きくなればなるほど、沈む速さが早くなります

 

 フライフィッシング初心者 ラインシステム

C色

黄色でもオレンジでも、何ら変わりはありません好みの問題です。

Dお奨めのメーカー

あくまでも個人的な意見ですので
 ・RIO
 ・AIR FLO
 ・3M

Eラインの手入れ

 フライラインは基本的に劣化します。特に先端はヒビが入ったりします。

 劣化をゆっくりにする目的で、クリーニングやドレッシングを行います。

 クリーニングは中性洗剤を湿らせたティッシュでふき取ります。その後、シリコンをラインにコーティングします。
 手入れによって、ラインの滑りが良くなり、飛距離がアップします。釣行前に是非行って下さい。

Fリーダーとの接続

リーダとの接続方法は主に下の3種類あります。
 ・プラスティックのリーダーコネクターを使う
 ・ブレイデッドループをライン先端に挿入して、リーダーをループTOループで接続
 ・ネイルノットで直接縛って接続

リーダーコネクタ―はかなりガイドに引っかかったり、すっぽ抜けしたりした事があるので、お奨めしません。

リーダーを頻繁に交換するような釣り方をする人はブレイデッドループでの接続を薦めますが、実際それほど頻繁には
交換しません。

やはりネイルノットでの接続がもっともポピュラーです。

Gバッキングライン

フライラインの下巻きに使います。
  フライラインは通常30ヤード(27m)の長さしかありません。

  これをそのままフライリールに巻き込むと、スプールの外径から相当に内側に巻き上がってしまいます。

  巻きグセを少しでも小さくする為には、スプールの外径より少し小さい位に巻き上げるのが良いわけです。

  そこでフライラインの下巻を行って、巻き上がり径の調整を行います。
  
  もう一つは、大型のトラウトがヒットした場合、最初のダッシュは相当なスピードと距離で走ります。

  この時に無理に魚の走りを止めると、ティペットが切れたり、ジャンプされたりして逃げられてしまします。

  そこで、魚に走らせ、ラインを出して凌ぐ訳ですが、フライラインは27mしかありませんから、
  場合によってはラインが底をつく訳です。

  これを補う為にも、多少のバッキングラインが必要になります。今までの経験では、どんなに走っても50mの
  バッキングラインが巻かれていれば足ります。

  但し、バッキングラインもリールの芯に少し巻かれているだけだと、リールから引き出す時にスプールの回転
  モーメントが大きくなりますので、引き出しにくくなり、急な走りに対処出来ないという事も予想されます。

  従ってある程度の量を巻きこんだ方が良い訳です。
  
 ・通常18ポンドテストのバッキングラインを使います。しかし太いモノラインなどでも大丈夫です。

 ・リールのスペックに書いてある量を購入して下さい。最終的には、フライラインも含めての巻き上がり量の調整
  に使うので、全ての長さを巻く必要も無いし、逆に不足してしまったら、追加して下さい。

 ・色は何色でも構いません。

 ・安いもので大丈夫です。

H糸ぐせ

・フライラインは、その素材の特性から、必ず糸ぐせが付きます。これはどうしようもありませんので、
   釣りを始める前に、糸グセを取ってやる必要があります。

  ・糸グセは、ラインを引っ張る事で取る事が出来ます。両手で引っ張って取るだけではなかなか真っ直ぐに
   ならないので、電柱や道路のポール、丸太などを使って引っ張る人もいます。

  ・コイル状になったままのラインでは、リトリーブの釣りをしているとアタリが手元に感じられないし
   引っ張るたびに糸よれがどんどん酷くなってしまいます。

昔話

・まだフライフィッシングを始めて大型をヒットさせた事も無い頃、晩秋の丸沼で60cmオーバーのレインボーが
   ヒットしました。タックルは#6のロッド、リールはORVISのCFOで、ティペットは6Lbテストラインを
   使っていました。

   足元でヒットしたのですが、凄まじいファイトで、アッと言う間にフライラインが全て引き出され、
   バッキングラインもどんどん出て行きます。膝下のウエーディングだったのですが、
   バッキングラインが無くなるに従い、不安になり、徐々に沖に向かって深くウエーディングして行きました。

   もうこれ以上入れないというところでようやく走りが止まり、スプールを見ると、殆ど芯しか
   残っていませんでした。

   巻き取るにしても、芯の細い所で巻き取っていますので、なかなか回収できず、1時間程かかって
   ランディングしました。

   それ以来、バッキングラインは十分に巻くようにしましたし、フライラインとの接続も
   きちんと行うようになりました。